メニュー

よくある質問(内視鏡科・内科)

女性医師に見てもらうことは可能ですか?

当院の内視鏡科・内科は、医師・看護師などすべて女性スタッフです。

診察は予約なしでも受診できますか?

受診できますが、予約の方を優先で案内しています。
混雑状況によっては1時間以上お待たせすることもございますので、予約をお勧めしています。
特に土曜日は大変混み合います。

検査の費用はどれくらいかかりますか?

料金表となりますご参考ください。

検査内容 3負担割
胃内視鏡検査(胃カメラ)

7,000円~15,000円

大腸内視鏡検査(大腸カメラ) 8,000円~27,000円

胃内視鏡・大腸内視鏡

※同日施行

13,000円~35,000円
腹部超音波検査(エコー) 2,000円~3,000円
※使用する薬剤によって金額が前後することがあります。
※検査の結果により、医師の判断で検査が追加され、追加料金が生じることがあります。

ピロリ菌の検査はしてもらえますか?

保険診療でのピロリ菌検査・除菌は胃カメラの検査が必要となります。
自費検査として承ることも可能です。

内視鏡検査当日はクリニックまで車や自転車で行ってもいいですか?

内視鏡検査では鎮静剤を使用するため、検査当日は、お車の運転・自転車やバイクの運転はできません。徒歩・公共交通機関・ご家族の送り迎えなどをお願いいたします。

毎日サプリメントを飲んでいます。内視鏡検査を受ける予定ですが、服用してもいいですか?

内視鏡検査の10日前からお休みいただいています。

内視鏡検査後に気をつけることはありますか?

大腸内視鏡検査後はお腹が張ってくることがあります。ガスを出していただくと楽になることがあります。横になっていただき、右向き・うつ伏せ(腹ばい)・左向き・仰向けを1回転とし、無理のない範囲で何度か繰り返していただけると、自然におならが出て体調が改善します。

病理組織検査施行または内視鏡施行の場合、検査終了後に看護師又は医師より食事・アルコール摂取・入浴などの生活に関する詳しい注意事項の説明がございます。

普段から服用している薬で、内視鏡検査前に休まなくてはいけないお薬はありますか?

検査前の診察の際に、処方内容を確認させていただき、ご説明いたします。

風邪をひいていますが、内視鏡検査を受けてもいいですか?

後日体調が改善してから、改めて内視鏡検査を受けていただく事をお勧めいたします。

何歳まで内視鏡検査やポリープ切除を受けることができますか?

検査施行に関しては、診察時皆様に対し総合的に判断させていただいております。

特に70歳以上の方、基礎疾患をお持ちの方の検査に関し、他院での内視鏡検査をおすすめする場合がございます。

便潜血検査がいつも陰性なので、大腸内視鏡検査は受けなくても良いですか?

実際に内視鏡検査を施行しますと、早期の大腸がんや大腸ポリープで便潜血検査が陽性となることは少なく、かなり進行してようやく陽性となる事が多いことが分かります。便潜血検査が陰性であっても、大腸癌が出来ている可能性も十分にあると言えます。大腸ポリープ(良性)や早期大腸癌であれば、内視鏡で治療することも出来ますので、大腸内視鏡検査を受けることで大腸癌は「予防可能な癌」とも言われています。食生活の欧米化に伴い、我が国の大腸癌患者は急速に増加していますので、便潜血検査が陰性であっても、ぜひ一度下部(大腸)内視鏡検査をうけることをおすすめいたします。

先日、血便がありました。痔のせいだと思っているのですが、大腸内視鏡検査を受けた方がいいですか?

血便の原因は確かに痔、肛門が切れただけであることが多いですが、大腸癌や大きな大腸ポリープから出血している可能性があります。これまで大腸内視鏡検査を受けたことがない方や、前回大腸内視鏡を受けてから3年以上経過している方は、一度大腸内視鏡検査をお受けになられることをお勧めいたします。

胃バリウム検査と胃内視鏡検査は、どちらの検査を受けた方がいいですか?

胃バリウム検査は放射線被爆のリスクもあり、スクリーニング(進行した病気のふるい分け)が主目的の検査であり、確定診断ができる検査ではありません。結局、精密検査として上部内視鏡検査(胃カメラ)を受けなければなりません。胃バリウム検査は二度手間のリスクがある検査ということになります。当院では苦痛に配慮した内視鏡検査を心がけております。

子供の診察もしていただけますか?

原則としては18歳以上の方の診察を行っております。

知人が日本語を話せないのですが、内視鏡検査を受けることは可能でしょうか?

内視鏡検査は合併症発祥の可能性がございますので、当院では日本語で完全に意思疎通ができる方への検査に限定させていただいております。

検査前の診察時に判断させていただいております。

診察、上部内視鏡検査(胃カメラ)、下部内視鏡検査(大腸内視鏡検査)はどれくらい時間がかかりますか?

初診の診察・再診の診察・検査結果説明は待ち時間も含め15分~60分かかることがあります。

曜日・時間帯によっても異なります。

上部内視鏡検査(胃カメラ)は来院いただいてからの滞在時間は、約2時間半~3時間程度となります。

下部内視鏡検査(大腸内視鏡検査)は昼頃に来院いただき、滞在時間は3時間~5時間程度となります。

検査時間は、上部内視鏡検査(胃カメラ)が15分程度、下部内視鏡検査(大腸内視鏡検査)は20分程度です。大腸ポリープを切除した場合は15分程度さらにお時間がかかります。

会社の健康診断で胃・大腸の精密検査が必要になりました。受診できますか?

はい。健康診断の2次検査のご希望も承っております。当院では消化器内視鏡(胃カメラ、大腸内視鏡検査)を受けることができます。検査ご希望の場合、事前の診察が必要となります。お電話でご予約を承っております。

その際、持ち物として半年以内の血液検査結果、お薬手帳(服薬がある方のみ)を診察時にご持参ください。

事前に来院せずに内視鏡検査を受けることはできますか?

上部内視鏡検査(胃カメラ)、下部内視鏡検査(大腸内視鏡検査)を受ける場合は、事前に診察が必要になります。 検査の注意事項をご説明いたします。

内視鏡検査は予約制ですか?

完全予約制とさせていただいております。

事前の診察の際に検査日の予約をさせていただきます。

診察にも予約は必要ですか?

予約の方を優先にご案内しておりますが、お腹不調などの診察も受け付けております。一度ご連絡いただければと思います。

小腸内視鏡検査や小腸・大腸カプセル内視鏡検査は、行っていますか?

当院では小腸内視鏡検査・カプセル内視鏡検査は行っておりません。
小腸の病気が疑わしいときは、専門医療機関へご紹介いたしております。

生理中でも内視鏡検査はできますか?

生理中であっても、内視鏡検査は全く問題ございません。

授乳中ですが、内視鏡検査を受けても良いですか?

授乳中の場合も内視鏡検査は可能です。事前の診察の際、ご相談いただければと思います。

妊娠中ですが、内視鏡検査を受けることはできますか?

申し訳ありませんせんが、当院では妊娠されている方への内視鏡検査は施行いたしておりません。

上部内視鏡検査(胃カメラ)と下部内視鏡検査(大腸内視鏡検査)を同じ日に受けることができますか?

可能です。ただし、年齢などの制限がございますので、事前の診察の際にご相談ください。

上部内視鏡検査(胃カメラ)の検査の後からのどが痛いのですがなぜですか?

上部内視鏡を挿入する際、内視鏡と喉が接触することにより痛みが出現することがあります。数日で症状は治りますが、ご心配な場合は早めにクリニックへご連絡ください。

「鼻からの胃カメラのほうが楽だ」とよく聞くのですが、いかがでしょうか?

当院では、経鼻内視鏡検査(鼻からの胃カメラ)、経口内視鏡検査、どちらもお受けいただくことができます。

経鼻内視鏡検査は、鎮静剤を使用しない経口内視鏡検査と比べ、鎮静剤を使用しなくてもあまりつらくないという利点がありますが、検査としての精密度には欠けます。当院では鎮静剤を使用し、苦しくない精密な観察が可能な経口内視鏡検査を心がけております。患者様のご希望沿った検査を第一に考えておりますので、診察時にご相談ください。

飛行のパイロット、CAですが、大腸ポリープ治療後に機内で仕事をしても良いでしょうか?

各航空会社によって大腸ポリープ手術後の就業制限時間は異なります。必ず勤務されている航空会社にお問い合わせいただきたいと思います。また、当院では大腸ポリープ手術を受けられた皆様に、手術後2週間飛行機搭乗を控えていただいております。

大腸ポリープを切除した跡見切除したところから出血することはありますか?

非常にまれですが、出血することはあります。全国的には500人に一人程度と言われています。当院では大腸ポリープ手術施行時に出血がないよう、処置中に十分に配慮いたしております。万が一出血が見られた場合、当院医師と夜間・休診日でも連絡対応ができるようにしています。

大腸ポリープを切除しましたが、食事やそのあとの過ごし方に制限がありますか?

大腸ポリープ手術を施行した場合は、飲酒制限・入浴制限など生活上の注意点があります。手術終了後、患者様毎に注意点をお話いたします。基本的には検査・手術後もお食事もできますし、翌日以降お仕事をお休みしなければならないという制限はありませんのでご安心ください。

大腸内視鏡検査後、風呂やサウナに入っても大丈夫ですか?

当院では鎮静剤を使用することもあり、検査当日はシャワー利用のみをお勧めいたしております。大腸ポリープ手術をお受けになった方は1週間お風呂に入ること、サウナに入ることを控えて頂いております。詳細につきましては、手術終了後に医師よりご説明いたします。

他院で大腸ポリープを指摘されたのですが、こちらで切除してもらえますか?

一度ご診察させていただきたいと思います。ご診察の際、他院で指摘された大腸ポリープの内視鏡所見用紙等をご持参ください。ポリープの大きさ・数・形によっては当院での治療が難しい場合がございます。その際には他の医療機関をご紹介いたします。

胃カメラで胃潰瘍・十二指腸潰瘍と言われましたがピロリ菌を調べた方が良いですか?

はい。胃潰瘍・十二指腸潰瘍の多くの原因はピロリ菌感染ですので、ピロリ菌検査を行う事をお勧めいたします。

病理組織検査で「Group 1」と言われましたが、どういう意味ですか?

Group分類は、1から5まであり、Group 1は正常もしくは非腫瘍性病変、逆にGroup 5は悪性の病気であることが確実ということです。

逆流性食道炎と診断されました。治療は必要ですか?

治療を受けることをお勧めします。逆流性食道炎の程度・自覚症状にもよりますが、生活習慣の改善・内服治療は必要となります。放置しますと、悪性疾患発生の危険性が高くなります。

ピロリ菌除菌後に、ピロリ菌に再感染することはあるのですか?

あります。ピロリ菌再陽性例の原因として、ピロリ菌除菌判定の際ピロリ菌量が一時的に低下し、除菌が成功していないにもかかわらず、陰性と判定され、その後ピロリ菌の菌量が回復し、再陽性の判定が出る場合や、別のピロリ菌に再び感染した場合、そのほかに検査方法によっては、除菌成功にもかかわらず陽性となる場合がございます。

ピロリ菌除菌の副作用はありますか?

あります。30%の方に下痢軟便、10%の方に味覚異常、5%以下ではありますが、蕁麻疹などの皮膚アレルギー症状が内服終了後も出ることがあります。重篤化することがありますので必ずクリニックにご連絡ください。

胃カメラを受けないで、ピロリ菌検査だけをしてもらうことはできますか?

保険診療でのピロリ菌検査は胃カメラを受けることが必要となりますが、自費検査として承ることは可能です。ピロリ菌検査方法は1種類ではなく検査方法により料金、検査結果が出る時間が異なります。

  1. 今までピロリ菌検査をお受けになった事が無い方
    まず、上部内視鏡検査(胃カメラ)をお受けいただき、胃の悪性腫瘍(癌、リンパ腫など)の有無や、胃の炎症の程度を確認し、その結果をもとに、ピロリ菌検査を行う事に意義があると思います。逆に、上部内視鏡検査(胃カメラ)を受けないで(胃腫瘍の有無、胃がんの発生リスクを評価しない状態で)ピロリ菌検査をお受けになられたり、ピロリ菌除菌治療だけ行うのはむしろ危険なことです。
  2. ピロリ菌除菌治療後、除菌判定を行なっていない方
    1年以内に上部内視鏡検査をお受けになっていない場合、上部内視鏡検査施行後、ピロリ菌除菌効果判定検査の日程を調整致します。

他院で胃カメラを受けて、ピロリ菌陽性と言われました。こちらで除菌治療のみをしてもらいたいのですが、良いですか?

半年以内の上部内視鏡検査結果をお持ちいただけましたら、可能でございます。

ピロリ菌除菌治療成功しましたが、今後も胃カメラを受けなければなりませんか?

ピロリ菌除菌治療をすることで、胃癌発生リスクは20~40%程度低下しますが、それでも胃癌のリスクがゼロになるわけではありません。将来の胃癌を予防するために、1年に1回、胃カメラを受けて頂ければと思います。

ピロリ菌陰性という検査結果でしたが、胃カメラは受けなくても良いですか?

ピロリ菌陰性と言われても、一度は胃カメラをお受けになる事をお勧めいたします。「ピロリ菌陰性」には、もともとピロリ菌に感染していない場合・感染したが消滅した場合があります。また、胃粘膜の萎縮が高度に進行すると、ピロリ菌が生息することができなくなり、ピロリ菌が消滅することがあります。このような場合、胃癌リスクがとても高くなるため、胃カメラで注意深く見守る必要があります。ピロリ菌だけが胃癌の原因ではありませんし、食道・十二指腸にも病気がありますので、定期的な検査をお勧めいたします。

どのような場合に、健康保険でピロリ菌検査ができるのですか?

上部内視鏡検査(胃カメラ)を施行し、ピロリ菌関連の胃炎を疑う場合、胃潰瘍・十二指腸潰瘍を指摘した場合などです。日本国内では、上部内視鏡検査(胃カメラ)を行わず、ピロリ菌診断、ピロリ菌除菌を健康保険で行う事は出来ません。

大腸内視鏡検査は苦痛・痛みはありませんか?

当院では、苦痛に最大限に配慮した内視鏡検査を行っており、検査中・検査後の腹部膨満感が出現しづらい二酸化炭素ガスを全員の方に使用し、女性・腹部手術歴のある方には小児用内視鏡を使用、それぞれの患者様に合わせた最適量の鎮静剤を使用するなど様々な工夫・配慮をいたしております。苦痛を感じることなく検査を受けていただく事が出来ます。ぜひ一度ご相談ください。

大腸内視鏡検査前に行う前処置とはどのような方法ですか?

検査当日、ご自宅にて6時頃から1.5ℓ~2ℓの腸管洗浄液を服用していただきます。量は多いですが、これにより腸内がきれいになり、大腸内視鏡による観察が可能な状態となります。他の方法での大腸検査の準備方法もご用意いたしております。ご心配なさらないようお願いいたします。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME